いきなりの意味

熊本市のわくわくプロジェクトのいきなり研究所の記事から抜粋。

熊本のいきなり団子の「いきなり」とは、熊本の方言。
簡単、手軽や直接と言う意味がある。
突然お客さんが来ても、すぐに作ってもてなせる意味とサツマイモを輪切りにして、いきなり団子生地で包んで蒸す。「簡単に作れる」という意味が重なったのがいきなり団子の由来。
また、熊本の一地域では、片付けが苦手な人をいきなりな人と言うので、これが転じてざっとしていることを意味して、ざっと作れる菓子の異説もある。

まさに、片づけは苦手だけど、もてなす心は熱く、気取らず一緒に団子でも食べながら楽しい会話をしたい!と思う私にはぴったりの団子。

人間は、気取りがない素の自分を出せる空間で真の会話が出来ると思います。
気軽に立ち寄れるカフェで食べる団子。

癒しの空間が出来たら良いな!!!
[PR]
by ikinarii | 2011-09-28 06:27
<< 芋屋長兵衛のいきなりだんご 運命? >>