熊本産の果物

今はお取り寄せの時代。
熊本に居ながら全国、海外までの美味しいものが食べられる。
ですが、
もっこす久美子は考えます。
熊本県の果物を食べようよ!と。
エコな食生活とは、無駄な経費をかけず、身近に収穫できるものを食すること。
輸送費、人件費を省くことだけでも意義がある。
そのうえで、過剰な防腐財等をかけない新鮮な果物を食べたい。

ということで、昨日は植木の吉次園へ伺いました。
e0245124_6192088.jpg

高台のミカン畑からは、天気の良い日は阿蘇の外輪山も見えるそうです。
e0245124_6202178.jpg

「農とデザインをつくるdeつなぐ」で話しが合うデザイナー宮島さんと一緒に。
彼は、近じか実家の農業を手伝う予定です。ファーマー&デザイナー。良いですね。
e0245124_6235433.jpg

さ~!今は何が旬ですか?
e0245124_6251232.jpg

リンゴも美味しそう。
息子さんの前田正明さんと話しをさせて頂き、お母さんの元気な笑顔を見て、ひと安心。
ジャムやジュースも店で仕入れることにしました。
熊本産のもぎたてフルーツをお土産やカフェでお出しできます。
[PR]
by ikinarii | 2011-09-30 06:29
<< 芦北のお茶 芋屋長兵衛のいきなりだんご >>