リノベーションでお団子屋

捨てるではなく工夫する。
壊すではなく、活かす。
そして
その時、人の技やデザインや動きが新しいものを産みだす。
もちろん古いものへの尊敬と慈しむ心をもったうえで。

器季家カフェの場所は、何十年も前は油、砂糖、小麦粉を売るお店でした。
その商いの場所を私が受け継ぎ、リノベーションして活かす。
この構想は10年前から始まっていました。
そして月日が流れ、多くの人の手を借りて今実現します。

昨日は、また新しい人の手を借りて、家具を2階から降ろしました。
e0245124_7483478.jpg

私にとって歴史的瞬間。
e0245124_752436.jpg

若い人の力がないとできないことです。
e0245124_7493969.jpg

興味のない人であれば、もう大型ごみ状態の食器棚。
もう一度、息を吹き返しました。
ご近所の、町屋好きの若い力に助けられました。
ありがとうございます。
と言いながら、工事が遅れたこともあり、23日は午後3時のパーティーから店が開きます。
店内には、バタバタばってん久美子が朝からおります。
3時からは会費2,000円でお団子、飲み物準備しています。持ち込みも可です。
どうぞ遊びにいらしてください。
通常営業は24日から10時からです。
by ikinarii | 2011-10-21 07:51
<< みんなの力 人が活きる! >>