建築家もびっくり!

器季家カフェの中央にでんと構える一枚板のテーブル。
長さ3メートルくらいあります。
e0245124_9313666.jpg

昨夜、設計の打ち合わせの時、初めて見た建築家のひとこと。
「すごい!この一枚板はケヤキですかね!本当にすごい。こんな幅の一枚板は今は手に入らないのでは?床の間の板と聞いてまたびっくり。凄い家だったんでしょうね。この木を使っていた家は」
ということでした。
凄いとは思っていましたが、やはりこの一枚板を活かして使って良いですよ!と言って下さった西村さんが凄い!先人の大切にしていたものにまた新しい光と風と、人の気を入れることが出来て嬉しいです。
sumai建築プロデュースを生業にしている私とって、器季家カフェは「温故知新」の場所でもあります。
by ikinarii | 2011-11-20 09:37
<< 団体さんご案内! 人財 >>