香り

娘と阿蘇のだご汁屋に行った。
寒くて静かな休日の夕暮れ時。
自分が接客される側に立つと見えてくるものがある。
それは自分自身。

食と匂いに敏感な娘のひとこと。
「芳香剤の匂いがきつい」
よく見ると、まとめて数本レジの所に置いてある。
たばこのにおい消し?

「うちのカフェはどう?臭い?」と聞いてみた。
「いいえ、お出しの良い香りがする。美味しい香りが」

良かった。毎日、厨房に立つ佳江さんが丹精込めて出しをとっている。
美味しい香り。

器季家カフェは禁煙です。
皆様ご協力お願いいたします。
by ikinarii | 2011-12-05 08:10
<< スイートポテト    進化に必要な人たち >>