食・文化・自然を繋ぐイベント

e0245124_10294155.jpg

熊本の「旬」を食べる時間。
料理研究家の相藤さんのおもてなしの食事会。
そして、書道家稲田さんの書のワークショップ。
e0245124_10564172.jpg

お酒のラベル書き。
e0245124_10572891.jpg

参加者の皆さんは、稲田先生の見本の書で十分満足していました。
e0245124_1171338.jpg

愛林館の沢畑館長は、重たい道具を持参され、きな粉、豆腐の作り方、餅つきなど、自然の恵みを食物ににするまでのワークショップを。
e0245124_1191291.jpg

大豆を挽いている様子。きな粉の作り方。
e0245124_1110091.jpg

豆腐はうまく固まったのか・・・。

e0245124_11105413.jpg

餅つきも楽しく美味しい時間になりました。
水俣の香り米のつきたてを、丸めて食べる。
e0245124_11121761.jpg

大人の方が楽しんでいるようす。

「つくるdeつなぐ」が器季家のコンセプト。

色々な企画、つくり手のイベント、貸切の食事会など、器季家でお手伝い出来ることは、今後もやっていきたいです。

楽しい二日間でした。
稲田さん、相藤さん、そして沢畑さん。お疲れ様でした。

「熊本の食・文化・自然」を繋ぐ会は今後も続けて下さいね。
[PR]
by ikinarii | 2015-12-23 11:14
<< 年末・年始の営業時間 19日、20日の営業休みのお知らせ >>