フェアトレードのチョコレートを売る理由(2)

後進国の末端で「ものづくりの何が起きているのか?」を知ってほしいと思い、それを語るうえで一番分かりやすく、美味しいチョコレートを売りながら説明していることがあります。

身近なものから考える、世界の「ものずくりの流通と現実」

器季家は、手仕事を大切に大量生産できないもの、しないもの、現場の笑顔が見えるものを売りたいと考えています。

「地産地笑のものずくり」です。

4月3日日曜日午後5時から「ファストファッション」をテーマにしたドキュメンタリー映画を上映します。(色字クリック)
参加料は1,000円。
熊本のフェアトレード発起人の明石祥子さんの話もあります。
是非ご参加ください。
未来を考える人とものづくりの現実です。


難しく考えることはありません。

「今、私は何をすればいいのだろう?」からスタートすれば良いのです。
現実を知ると、自分の心も変わってきます。


席数の関係で、事前予約をお願いします。

096‐288‐2011 器季家カフェ へ
「ファアトレード映画上映会参加」で
お願いいたします。

by ikinarii | 2016-03-18 10:25
<< 春の熊本の美味しいお土産 書から始まる暮らし方 >>