解体することになりました。

今回の熊本地震で器季家カフェの店舗は解体する予定で進んでいます。
とても残念です。

私にとっては、体の続く限り活きるステージとして、歴史ある町屋を壊さず活かす!が目標でした。
お借りしていた家屋なので、私の気持ちだけではどうにもなりません。

器季家をスタートしたのは、東日本地震の年、テレビで津波の映像を見ながら、店舗リノベーションの打ち合わせをしていました。

そして今回。

日本中が驚く地震で始まり、終わります。

e0245124_6421685.jpg


器季家カフェのメンバーは、私とって「人財」です。

西村邸倉庫に憧れ、ここにまた新しい光を入れたい!に賛同して協力してくれました。
素敵な協働者たちです。

それぞれに、輝くステージに!の想いでした。

他で器季家カフェを始めるという計画は今はありません。

西村邸、倉庫の建物に一目ぼれしてから何十年と片思いをして、やっと念願がかなったのです。

ここがダメらな、次!の気持ちにはなれません。

いつか、復興マルシェやイベントで皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

これまで約5年の間、本当にありがとうございました。
by ikinarii | 2016-04-27 06:52
<< 専門家の力 シニア世代が活きる場所 >>