ご近所力

昨日は、元三さんのご親戚つながりで、福岡のお坊さんたちがボランティアでかたずけを手伝ってくれました。

私一人では、何もできないのが現状。

ご近所さんの力は、ありがたいです。

昨日は、八代の西村さんのご実家からも応援隊が来て下さり、心強かったです。

帰りは、ほこりと汗にまみれて、とぼとぼと歩いていたら、お隣の西別府さんから声をかけられました。

私が疲れ顔に見えたのでしょうか?!

「東さん、珈琲飲んで行きませんか」と誘ってくれました。
e0245124_8131791.jpg

西別府さんは、植物の香りから、心と体を整えていく先生です。
e0245124_816135.jpg

珈琲を飲みながら、地震後、店を閉めてしまい、会う機会もなかったご近所さんとゆっくりとした時間を過ごすことができました。

器季家のお客様でもあり、ご夫妻で晩酌に来て下さっていたので、再会は嬉しかったです。

「元気なようで、時々どっと疲れが出るんですよね。南阿蘇の家にも帰れないし、店も閉めたし。
最近は涙もろくなって・・・。」

と話すと、好きな香りを配合してあげましょう。
と、私のための「癒しのアロマ」の香りをつくってくれました。
e0245124_8191271.jpg


これから、寝る前にベットの横に香の容器を置き、「安眠」できると思います。
西別府さん、ありがとうございました。

唐人町周辺。
歴史を感じる町家は、とても少なくなりました。
熊本城下町の商いの町として栄えた通りも、熊本地震後は更に寂しい通りになりました。

でも、人の温かさはあると信じています。

建物の再生も大切ですが、この町で商いをする人、暮らす人達が、観光を楽しみに来る人、皆が笑顔になる日まで
半歩でも一歩でも、ご近所力を大切にして進んでいきたいものです。
by ikinarii | 2016-06-11 15:32
<< 最後のかたずけ 改名します! >>