歴史をつなぐ!おせちの会

明日は12月。
師走です。
熊本地震から7か月半も過ぎました。
でも、復興どころか、修復も進んでいないように感じる唐人町。
その中で、小さな小さな個人力でも、一歩づつ進みたいと思っています。
私と同じ気持ちの人達が、楽しい企画を立てて、新町古町で動き始めています。

先日は、器季家カフェあとで、おせち料理の歴史と素材の講座がありました。
e0245124_8222518.jpg

講師は、料理研究家の相藤春陽先生。
e0245124_813792.jpg

e0245124_8133498.jpg


熊本の歴史を「つくるdeつなぐ」

壊してしまえば、二度と同じものは建てられない町家。

伝えて作らなければ、誰も食べなくなるおせち。

守る、伝える、繋ぐを、これからもコツコツと・・・。
by ikinarii | 2016-11-29 08:17
<< クリスマスとお正月の花 まちなみが変わる。 >>