修復と放置

西村創庫の近くにある二つの風景。
e0245124_627851.jpg

明八橋の修復工事が始まった。
良く残った!と感動の石橋。
道路向こうの建物は、地盤沈下で解体している場所。
石工の巧妙な技術力に感動した風景。

そして
e0245124_6301352.jpg

地震後、何もせずに手つかずの家。
可愛そう。泣いているはず。

西村創庫は、AIRが再開しました。
e0245124_632216.jpg

華やかになりました。
また、人の楽しい気が店内に入ってきます。
嬉しいです。

他の場所は
e0245124_633473.jpg

只今準備中。
芋屋長兵衛さんも春陽食堂さんも、年度末かなり忙しそうでした。

町家復興の為に集まって下さった方々。

新しい風が入る準備をされている最中です。

西村創庫は光が見えてきました。

これからは奥屋敷と煉瓦塀の修復工事を、プロ達の御知恵をいただきながら進めていくことになります。
by ikinarii | 2017-04-02 06:37
<< ものにも心が・・・。 「そのまま」を残す! >>