ものにも心が・・・。

e0245124_8153130.jpg

料理研究家の相藤さんが展開する、春陽食堂。
そのコーナーにこの大鉢が。
これは、西村創庫が、油、小麦粉、砂糖を販売する清永商店だった時に使われていたもの。
小麦粉、砂糖の量り売り用の器。

この大鉢を、春陽食堂ではお米の量り売りに使うそうです。雑穀米のブレンド用に。
素敵ですね。道具も「つかうdeつなぐ!」

そして
e0245124_8185842.jpg

この籠。
私の親友が50代で他界。難病でした。
彼女は私と器や手仕事の小物選びの嗜好が似ていました。
15年前位に、器季家ギャラリーを街中にオープンした時、この籠にお花の鉢を入れてお祝いに頂きました。
私には、大切な籠です。

皆さんが素敵に使って下さると嬉しい。

器季家カフェで使っていた器などは、ほとんど私の私物でした。
35年位の間に、少しづつ作家とお会いして集めたもの。
でも、熊本地震でかなり割れたり、壊れたり。

そこで、今回は、「つかうdeつなぐ」で、地産知笑復興プロジェクトの皆さんに使ってもらうことにしました。

ものにも「こころ」はあるはず。

人に愛でてもらい、使ってもらい、喜んでもらう。

これが、私自身の再生にもつながります。
by ikinarii | 2017-04-03 08:26
<< 芋屋長兵衛商店、只今準備中! 修復と放置 >>