町家復興プロジェクト・みんなのちから

桜の開花で、唐人町の明八橋付近も春色です。
e0245124_10314480.jpg

熊本地震前には、地域の花見がこの橋の上で行われていました。

「花見を明八橋から」の想いは皆さん同じで、待っているはず。
来年はまた賑やかになるのでしょうね。良かったです。

そして、
最近器季家カフェの荷物整理の中から3枚のレポートが出てきました。
読み返したら、6年前の私の想い。
e0245124_10354428.jpg

全く想いがぶれていません。

分かりました。理解できました。
熊本地震後、何とかこの町家を修復してまた新しい風を入れなくては!!!
と強く感じて行動した理由が。

①まちなかの活性化

②熊本文化のインフォメーション的役割

③熊本若手作家の紹介

④熊本食のブランドプロデュース

⑤6次化産業のプロデュース

⑥町家再生相談室

⑦西村邸の活かし方協力

読み返して、私のやってきたことは間違いなかったと確信しました。

気がつかないままに、私の体の芯に沁み込んでいた想いです。
商売や私利私欲ではない、純粋な想いは今も、これからも続くはずです。


町家を守っている個人力に限界を感じている今、それぞれの皆さんが信頼できる方々と協力し合って
建物、まちなみ、文化、観光を、どう進めていけば良いのか。

行政も個人も真剣に向き合って考える時です。

これが出来て、初めて熊本城下町復興が出来たという時だと思います。

小さな小さな、ありんこくらいのチカラの私が、ここまで動けたのは
e0245124_10595938.jpg

やっぱり西村邸の建物に一目惚れしたからでしょうね。

私は、尽くす女です。^0^

でも、私の個人力も限界に近い状態です。

なので
今春からは、みんなの力を借りて「町家再生・まちなみ復興」が始まります。

町家復興プロジェクトメンバー

芋屋長兵衛商店
AIR
春陽食堂

それぞれの皆さんの力も借りながら、行政力を信頼しながら店蔵、奥屋敷の修復工事はゆっくりですが進んでいくと思います。

感謝です。

みんなのちからに❤
[PR]
by ikinarii | 2017-04-06 11:03
<< 春陽食堂オープン まちなみと町家 >>