現場もんの信頼する人達

私は、現場主義の「現場もん」です。

生業は「住まいりんぐサポート」
私がつくった造語です。

暮らし方から始まる家づくりのお手伝い。
資金計画から土地探し、銀行融資、保険等の見直しなどのお金のプロと、建築家、施工者の家づくりのプロと輪をつくり、現場の職人さんまで和やかに笑顔で家づくりができ、
暮らし人も、心地良い家の完成に満足の笑顔になる。

住まいる=スマイル
りんぐ=和・輪・わ~の感動までの繋ぎ役。

どんなにかっこいい事を言っても、書いても、現場がそのようになっていないと、その人に魅かれないタイプ。

だから仕事付き合いも、企業の大きさや肩書きより、その人がいかに現場で自己実現、誠実な仕事ができているかをみます。

そこで大切なのが、
「信頼」です。

特に町家再生は新築の家づくりと違って、本当に現場で考えながら作業をすることが多くあります。
予算もありますが、「安全重視」の個所などは費用がかかることも覚悟しながら、専門家の知恵を集結させないといけません。スピードも必要です。
e0245124_6514446.jpg

昨日は、現場もんが信頼するお二人の打ち合わせ。
e0245124_6525781.jpg

後姿が頼もしい。
左側が、ヘリテージマネージャーであり、文化財ドクターの山川さん。
右側は直理建築設計事務所、ツブラホームの代表、直理さん。
e0245124_6571983.jpg

お二人とも、現場主義。
仕事という意識より、西村邸に関しては「守り繋いで欲しい」のお気持ちが強い。
e0245124_6584180.jpg

直理さんには
地震後、被災して暮らしが出来ない方々の修復工事で手一杯の現状の中、長い信頼関係で一緒に仕事をしてきたので、やはり西村邸修復工事のメンバーに入ってほしかったので、強引にお願いしました。
感謝しています。
そして、山川さんは震災前から西村邸を調査に来られていた繋がりでまた、新たな協力者として修復プロジェクトに参加して下さいました。
文化財に値する家の価値を認めて、積極的に相談にのって下さっています。
ありがたいです。
e0245124_74555.jpg

お二人とも、堅強な職人気質をお持ちの方々です。

家主、西村さんやお子さん方も心強く思っていらっしゃいます。

もちろん、私も。

修復工事フローを確認しながら、これからも管理人は裏方で見守ります。
[PR]
by ikinarii | 2017-04-09 07:06
<< 芋屋長兵衛商店5月1日オープン 熊本の地域力 >>