熱く語らずとも・・・。

町家見学で以前から気になっていた西村邸を見学したのは平成22年の2月。
その半年後には、何もない倉庫でかき氷と冷やしいきなり団子を皆さんにもてなしていました。

空間をどう活かすかのイメージをしていた時期。
e0245124_772937.jpg


そして、やっと器季家カフェをオープンすると決めて内装工事。
カフェがしたかったのではなく、人が集まる空間を創りたいと思ったから。

自己資金0の無謀な計画の中、銀行や市役所、商工会議所、国の金融機関にも足を運びました。

そして同じことを何回も語りました。熱く。

城下町が淋しい状態。
町家を活かしながら守りたい。
熊本産のものを紹介したい。

どこへ行っても何回も熱く語りましたが、皆さんクール。

そして、今。
ピンチがチャンス。
不幸中の幸い。

これまで6年熱く語ってきた、町家再生と地産知笑を私が語らずとも、色々と進み始めました。
喉が枯れ、気力もなくなるほど通じない気持ち。

それが、今は「文化財登録」に向けて進みだしたので、後は専門家の方が動き始めるはず。
私は現場管理者として、工事を見守る立場で。

西村創庫も、芋屋長兵衛商店、AIR、春陽食堂という三つのブースで「地産知笑」をキーワードに営業が始まりました。
e0245124_7532925.jpg

やっとのやっとですが
周りを見れば、かなり速いスピードで西村創庫は再生に向かっています。
e0245124_7574050.jpg


後は、奥屋敷と煉瓦塀の修復工事を見守っていけば、私が考える3年計画はほぼ予定通りにいきそうです。

西村創庫の管理人。
もう熱く語らずとも、願いは前に進んでいます。

e0245124_8224626.jpg

後は次世代の繋ぎびとたちに、城下町のまちなみ活性化や町家再生と地産知笑のやり方を伝えていくのが私のやりたいこと。
[PR]
by ikinarii | 2017-05-01 07:18
<< 残すべき町家の今 近所のようす >>