<   2011年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

熊本産の果物

今はお取り寄せの時代。
熊本に居ながら全国、海外までの美味しいものが食べられる。
ですが、
もっこす久美子は考えます。
熊本県の果物を食べようよ!と。
エコな食生活とは、無駄な経費をかけず、身近に収穫できるものを食すること。
輸送費、人件費を省くことだけでも意義がある。
そのうえで、過剰な防腐財等をかけない新鮮な果物を食べたい。

ということで、昨日は植木の吉次園へ伺いました。
e0245124_6192088.jpg

高台のミカン畑からは、天気の良い日は阿蘇の外輪山も見えるそうです。
e0245124_6202178.jpg

「農とデザインをつくるdeつなぐ」で話しが合うデザイナー宮島さんと一緒に。
彼は、近じか実家の農業を手伝う予定です。ファーマー&デザイナー。良いですね。
e0245124_6235433.jpg

さ~!今は何が旬ですか?
e0245124_6251232.jpg

リンゴも美味しそう。
息子さんの前田正明さんと話しをさせて頂き、お母さんの元気な笑顔を見て、ひと安心。
ジャムやジュースも店で仕入れることにしました。
熊本産のもぎたてフルーツをお土産やカフェでお出しできます。
[PR]
by ikinarii | 2011-09-30 06:29

芋屋長兵衛のいきなりだんご

私は物語のあるものに魅かれる。

作り手の人柄や環境、そしてそのものが出来るまでの物語。

いきなり団子は数々あれど、器季家カフェで扱ういきなり団子は阿蘇のふもと、益城の芋農家がつくるいきなり団子。
名前は芋屋長兵衛。
e0245124_6345697.jpg

芋畑を見学して、工場や社長の想いを聞き、魅かれた物語に出会うと、次は紹介したくなる。
お茶もそう、果物も。
e0245124_6383249.jpg


器季家カフェで食べるものには物語があります。
美味しい熊本産を直接農家から仕入れる予定です。

今日は植木の果物農家へ伺います。
[PR]
by ikinarii | 2011-09-29 06:38

いきなりの意味

熊本市のわくわくプロジェクトのいきなり研究所の記事から抜粋。

熊本のいきなり団子の「いきなり」とは、熊本の方言。
簡単、手軽や直接と言う意味がある。
突然お客さんが来ても、すぐに作ってもてなせる意味とサツマイモを輪切りにして、いきなり団子生地で包んで蒸す。「簡単に作れる」という意味が重なったのがいきなり団子の由来。
また、熊本の一地域では、片付けが苦手な人をいきなりな人と言うので、これが転じてざっとしていることを意味して、ざっと作れる菓子の異説もある。

まさに、片づけは苦手だけど、もてなす心は熱く、気取らず一緒に団子でも食べながら楽しい会話をしたい!と思う私にはぴったりの団子。

人間は、気取りがない素の自分を出せる空間で真の会話が出来ると思います。
気軽に立ち寄れるカフェで食べる団子。

癒しの空間が出来たら良いな!!!
[PR]
by ikinarii | 2011-09-28 06:27

運命?

店の場所は熊本市西唐人町、熊本駅から市電でふた駅目の呉服町で下車して約徒歩3分。
目の前が出田眼科。
昔は城下町の中で一番商売が賑わっていた街。
そこに築100年近い商屋が今はシャッターが閉まったままの状態。
e0245124_7375911.jpg

この建物に一目ぼれした私は、10年ほど前から、ずーと気になっていました。
もったいないと。
近所に住んでいたので通る度に立ち止り、見上げてはため息をついていました。
もったいないと。

そして、運命の出会いとなるのです・・・。
[PR]
by ikinarii | 2011-09-27 07:40

やるしかない!

数年前から神様のお告げか?
「いきなり団子屋」がしたいと公言し始めました。

ただ、芋が好き。
熊本の名物のスイーツを県外の方にも紹介したい。
農家の作物の生産から加工まで、そして消費者までの流れに関わりたかった。
とシンプルで、熱い想いから店をすることになりました。

でも、その裏にはもっと深い想いがあります。
これから少しずつ、書いていきたいと思っています。

とにかく団子屋の女将の奮闘記「おだんご日和」
よろしくお願いいたします。
[PR]
by ikinarii | 2011-09-24 09:03