<   2011年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ほろ酔い気分で!

唐人町界隈を探索のお正月。
器季家カフェのおすすめ。
「新春ほろ酔いセット」
e0245124_132368.jpg

冷酒とおつまみで千円セットをおもてなし。
ほろ酔い気分で町屋の散歩はいかがでしょうか!
[PR]
by ikinarii | 2011-12-30 13:24

器季家の家

器季家カフェの「や」は屋ではなくて家。
この名前には意味があります。
家はsumai建築プロデュースの仕事が大好きの意味を込めています。
先日開催したファミリー向けのジャズライブ。
e0245124_8371085.jpg

多くのご家族が来てくださいました。
子育てに追われて、ライブなど行けない環境の親御さんに聴いてもらいたかった。
その想いは叶った気がします。
家創りで繋がったご縁。
それそれのご家族が、楽しい暮らしが出来る家。
その意味での器季家の「家」です。
[PR]
by ikinarii | 2011-12-27 08:39

一石二鳥

町屋を店舗にする時の問題点。
隙間風。
年代物の建具や壁の隙間をどう埋めるか!
ということで、ただ今内装工事中です。
明日月曜日にはちょっと店内に変化が。

隙間風を防ぎ、一石二鳥の工事とは・・・。
ご興味のある方は、ご来店を。
[PR]
by ikinarii | 2011-12-25 12:04

縁結びの場所

器季家カフェをオープンして明日で2か月が経ちました。
たった2か月ですが、私にはこれまでの道のりがとても長く感じます。
今年一年はカフェの準備で始まり終わったという感じです。
何もない所から、会社を設立して新規事業の融資を受けてやっと今があります。
今あるのは、オーナーの西村さんが貸して下さったおかげです。本当に感謝しています。そして縁組をしていただいた富士川さんのおかげです。
それから長野さん、宮本さん、まちの皆さん。短期間に集まってくれたスタッフのみなさん。
器季家カフェは縁を大切にする場所です。
それも、前向きなプラス思考の方々のご縁です。
先人から受け継いだあの空間で、次は次世代の方々へ商いを通して「熊本ヂカラ」を伝えていきたいと思います。
いきなり団子とだご汁の温かさと一緒に。
[PR]
by ikinarii | 2011-12-22 08:14

感謝と反省!

本当にありがたいことです。
取材の依頼。
テレビ局の取材が多く、感謝しています。
カフェオープンにあたり、広告宣伝費はまだ使っていません。
年末に、新年度の放送予定で取材が2件が入っています。
が、それを終えたらしばらく静かにしておこうと思っています。
先日、テレビの取材が終わって、テレビ局の方が店内にまだいらっしゃるときに、一人の女性が食事に来れました。
食事を終えた帰り際に
「店内が落ち着かずゆっくり食事が出来なかった。」とのご指摘。
取材中、何組かのお客様も帰られました。

これは反省点です。
わざわざ来て下さったお客様をおもてなし出来なかった。

なので、来年からはちょっと静かにしておきます。
まだスタッフも不慣れな点があり、サービスが行き届かないところもあります。

来年は「感謝と反省」を再確認して、ゆっくりとくつろげる雰囲気づくりに努めます。
[PR]
by ikinarii | 2011-12-20 20:10

ウーマンパワー!

器季家カフェの器は「陶芸家の器が好き」からとったひともじ。
その陶芸家で、女性として、人として作品にも、もちろん魅かれるローゼン三早枝さん主宰のローゼンクレイスタジオの忘年会がカフェでありました。
e0245124_69529.jpg

皆さん元気です。
よく食べ、よく喋り、よく笑います。
これが元気の源!
ウーマンパワーです。
まだまだ日本は大丈夫!となぜだか思ってしまいました。
女性が元気でなければ、家庭は暗くなります。
2時間の予定が、気がつけば3時間半の楽しい時間が過ぎました。
[PR]
by ikinarii | 2011-12-19 06:13

読めない店名

e0245124_8312290.jpg

日暮れの店の前。
皆さんが「読めない!なんて書いてあるんですか?」の漢字の幕とその前の自転車がぴったり合っている。
それもそのはず。
器季家カフェを金文という古代文字で書いてくれた書道家の自転車とその文字。
文字や漢字の事を分かりやすくカフェでお話してもらう機会もつくりたいと思っています。
稲田しゅんけいさんの世界はかなり広く、奥が深い。
[PR]
by ikinarii | 2011-12-16 08:34

和のクリスマス

私は和風の暮らしが好きです。
なので、こけ玉を飾る!ということがしたかった。
でも、なかなか素敵なこけ玉と出会いませんでした。今まで。
そして
e0245124_8213728.jpg

やっと出会いました。
愛情たっぷりの手作りのこけ玉に。
店が華やかになっております。
山鹿の竹熊さんという女性が一個づつ丁寧に作って下さったこけ玉を900円で。
さっそく、我が家用と新築したお宅へのプレゼントに買いました。
e0245124_8251632.jpg

[PR]
by ikinarii | 2011-12-15 08:23

湯気の効果

寒くなってくると、いきなり団子を蒸すけむりで、皆さんが集まって来ます。
温かさが欲しい気候になりました。やっと!

昨日は意外なお客様。
外に「五福いきなり団子」と書いているにも関わらず、
「豚まんありますか?」だって。

うううん~!
ホカホカ豚まんも美味しそう!
だけど、器季家カフェは今のところ「いきなり団子」のみの販売です。
よろしくお願いいたします。

こころもお腹も温かになる「いきなり団子」をよろしくお願いいたします。
[PR]
by ikinarii | 2011-12-13 09:27

スモールビジネス

今読んでいる本は「農!黄金のスモールビジネス」
e0245124_8345611.jpg

面白い!外資系企業のサラリーマンが農業をやっている実践本。

私が今から動きたい事の何かがメッセージとして書いてある気がした。
私は小説より誰かと会話をする類の本が好き。
ナガオカケンメイさんとも、本の中でかなり会話は重ねた。モノづくりについて。(妄想想像錯覚の世界で)

なぜ「農」だか自分でも分からない。
数年前からいきなり団子とだご汁屋をしたい!と思った時と同じ。
食物の生産者が笑顔で創ったものは美味しいに決まってる。
量より質。遠方より近く。身近な場所でつくったものを食べで元気になれるはず。
海外からの輸入で色も味も変わらないものを食べ続けると、どうなるのか???
と考えるようになった。

これは国策や企業、産業を意識する人たちとは真逆の発想かもしれない。
小さく、美味しく、手軽で、身近。

こんな農産物の「つくるdeつなぐ」のプロデュースが出来ないのか?
が今の私の目標です。

もちろん熊本県下の人達、ものたちのお手伝いが優先。
[PR]
by ikinarii | 2011-12-11 08:47