熊本ブランド発信町家のスタートの年

e0245124_188415.jpg

元旦の初日の出。
静かに2017年が始まりました。

そして、ゆっくりですが「熊本ブランド発信町家」のスタートへ向けて修復工事が始まります。
五月の連休には、新生町家が賑わいを取り戻しているはずです。
楽しみ!!!

私も地産知笑プロデュースの再稼働です。
# by ikinarii | 2017-01-07 18:12

残して守る文化

建てかえて100年の町家の前から、守り繋いできたもの。
生活道具具を、今後どのように繋いでいくか?
建物自体とは、また別の責任を感じるNさん。
先日は、倉庫に先代の残した「モノ」の確認を博物館の学芸員と一緒に。
専門家のアドバイスは心強いですね。

お人形が包んである包装紙にも、文字が。
古文書のレベルは、素人には価値が分かりません。
e0245124_10344517.jpg

建物修復工事も、年明けからスタートします。
色々、金銭的な問題、心配もあり、まだ煉瓦壁の修復の仕方も検討中ですが
とにかく、職人さんが動き出す!
これが、とても嬉しいです。

傷ついた建物も、少し喜んでくれるはずです。
# by ikinarii | 2016-12-17 10:36

熊本城下町の町家を存続させる意義

e0245124_9112815.jpg

先日のクリスマス飾りのワークショップでの私の作品。
玄関にトナカイ親子と一緒に飾っています。

季節はもう冬、12月になりました。
いつもなら、わくわくのクリスマスシーズンです。

でも、今年は熊本を襲った大災害。地震の影響で人も、町家も傷ついています。

熊本地震からもうすぐ8ヵ月になります。

私が、活かしながら守っていきたい町家も周りも、淋しくなりました。
e0245124_9173353.jpg


「人の気と光と風」が通り再生された空間にも、時間が止まってしまいました。

今、この町家再生に多くの方の知恵とアドバイスをいただいています。

どうすれば、「安全に守って歴史を繋いでいけるのか?!」

費用もかかります。
管理も必要です。
そして、守りながら活かしていく人財も大切。

家主であるNさんのお気持ちを尊重しながら、進めていきたいものです。

半年後には、唐人町に新しい風が吹くことを目指していきたいです。

地震後、「解体」という言葉を書いて、皆様に心配をおかけしたことをお詫び致します。

熊本の城下町に、この町家の存在は必要で重要だと私は想っています。

庶民の歴史を語る「熊本文化」は、これからも守っていくべきだと思います。

その意識が、行政にも市民にもなければ、非常に残念な結果となるはずです。

熊本の文化的意識の低さが、県外にも知れ渡ることになるでしょう。

今年中に、町家再生の構想案が整うことを願って動いていきます。



                       地産知笑プロデューサー  東 久美子
# by ikinarii | 2016-12-02 09:24

クリスマスとお正月の花

器季家カフェの場所で、今年最後のワークショップがありました。
e0245124_2143829.jpg

草心流の本田草友先生のレッスン。
e0245124_2155980.jpg

親子で楽しんだS家のふたり。
e0245124_218319.jpg

私の作品。
e0245124_2156068.jpg

お正月の竹の花器も準備して下さいました。

楽しい花レッスンの時間。

11月30日で器季家カフェの場所は、しばらくシャッターを閉めます。
修復工事を始める準備です。

来春には、また新しい町家の再生が始まります。
# by ikinarii | 2016-11-30 21:08

歴史をつなぐ!おせちの会

明日は12月。
師走です。
熊本地震から7か月半も過ぎました。
でも、復興どころか、修復も進んでいないように感じる唐人町。
その中で、小さな小さな個人力でも、一歩づつ進みたいと思っています。
私と同じ気持ちの人達が、楽しい企画を立てて、新町古町で動き始めています。

先日は、器季家カフェあとで、おせち料理の歴史と素材の講座がありました。
e0245124_8222518.jpg

講師は、料理研究家の相藤春陽先生。
e0245124_813792.jpg

e0245124_8133498.jpg


熊本の歴史を「つくるdeつなぐ」

壊してしまえば、二度と同じものは建てられない町家。

伝えて作らなければ、誰も食べなくなるおせち。

守る、伝える、繋ぐを、これからもコツコツと・・・。
# by ikinarii | 2016-11-29 08:17